この辞典の使い方「お」で始まる言葉>驕る平家は久しからずの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

カテゴリー:文学、出版、メディア

驕る平家は久しからず、おごる平家は久しからず

おごるへいけはひさしからず

 驕る平家は久しからずとは、『平家物語』冒頭の名句のひとつ「おごれる人も久しからず」を一般的な教訓として言い換えたもので、権力や財力にまかせておごり高ぶった者はその地位を長らえることはできない……つまり、権力者は被支配層の嫉妬や恨みの力を軽視してはならないという教えである。原典では「おごれる人『も』」であり、おごっていようがおごっていまいが世の中移り変わってゆくという、『平家物語』の無常感に沿った表現となっているが、そこを「おごる平家『は』」として、「そんなにブイブイいわせてるといまに痛い目に合うぞ」という、われわれ下賤な庶民感覚にぴったりくることわざとしているのである。

 平安時代末期の権力闘争において、平家がもし驕り高ぶらず、慎重な政権運営を行っていたとしても、その栄華が長続きしたかどうかはわからないが、少なくとも、平家が驕ってくれたからこそ、虐げられ復讐に燃えていた源氏につけいるスキをあたえ、庶民は偉そうな顔をしていた平家をやっつけた源氏に喝采を送り、『平家物語』も不朽の名作として後世に残ることになったとはいえるであろう。(CAS)

おごる平家は久しからず ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を