この辞典の使い方「え」で始まる言葉>閻魔大王の意味、語源

カテゴリー:宗教、民間信仰、俗信

閻魔大王

えんまだいおう

 閻魔大王は、地獄の支配者にして、死者の生前の罪をあばき罰を定める裁判官。手もとには、人間たちの生前の行状が記録された詳細なデータと、生まれたときから死ぬまでを映し出す膨大なドキュメンタリービデオまで揃い、被告人はその厳しい追及をのがれることはできない。なかでも閻魔大王がこだわっているのは「虚言」の罪であり、その昔、幼い子どもたちは「ウソをつくと閻魔様に舌を抜かれる」と脅された。
 閻魔(えんま)は古代インドの神Yama(ヤマ)の音写。ヤマは、古代インドの聖典『リグ・ヴェーダ』では天国の主宰であったが、西方から入ってきた地獄の思想が盛んになってから、いつしか地獄の長官に左遷されてしまった。その思想が仏教に取り入れられて中国に伝わると、中国人の豊かな妄想力によりさまざまな脚色がなされ、その影響を受けた日本でも、「王」という漢字を記した冠(考えてみればかなり間抜けなコスプレである)をかぶり、赤ら顔で力みかえっている姿を、神社の参詣客などの前にさらしている。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ