この辞典の使い方「え」で始まる言葉>縁起を担ぐの意味

カテゴリー:慣用句

テゴリー:宗教、民間信仰、俗信

縁起を担ぐ、縁起をかつぐ

えんぎをかつぐ

 縁起をかつぐの「縁起」は、ものごとの吉凶の前兆をいう。「かつぐ(担ぐ)」は、ものを肩に乗せるということだが、手で持つには重すぎたり、大きすぎたりする荷物を運ぶとき肩にかつぐ場合の「かつぐ」をいうことが多い。そのため、「縁起をかつぐ」という言い方は、「縁起」がまるで重い荷物のように精神に重圧をかけている、つまりものごとの吉凶にとらわれている、縁起のよい悪いを必要以上に気にするという意味で言われる。受験生が試験の前日に、「試験に勝つ」ために「カツ丼」を食べるといった習慣は、縁起をかつぐ行為の代表的なものだが、このように実際の縁起かつぎは、「かつぐ」というほど重々しくなく、単なる気休めのような行為である場合が多い(本人にしてみれば、よほど重いものをかついだつもりかもしれないが)。(CAS)

縁起を担ぐ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ