この辞典の使い方「え」で始まる言葉>縁もゆかりもないの意味

カテゴリー:慣用句

縁もゆかりもない

えんもゆかりもない

 縁もゆかりもないの「縁」は、ものごとの原因や発祥やきっかけのこと、またそれらと結果や現状との関係性、つながりのことをいい、「ゆかり(所縁)」も似たような意味。つまり「縁もゆかりもない」は、類義語を重ねることで、「縁」や「ゆかり」をめいっぱい否定した言葉である。例えば、「当寺は弘法大師が創建されました」などとふざけたことを言っている田舎の寺の坊主に、「おたくの寺と弘法大師は縁がないと思いますよ」などと冷静に諭していたのではなまぬるいので、「おたくと弘法大師には縁もゆかりもない」ときつく言い聞かせてやる場合に用いるのである。(CAS)

縁もゆかりもない

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ