益獣

えきじゅう

 益獣とは、好き勝手に生きているそのライフスタイルがたまたま人間の役に立っている動物のことをいう。主に人間に害をなす害獣や害虫を捕食する動物がそう呼ばれている。例えば、ネズミは穀物を盗み食いする害獣であるが、悪そうな顔をしていてもヘビはネズミをとらえるので益獣である。可愛い顔をしていても野生のシカは農作物を荒らす害獣となることが多い。そこへいくとヒグマは、シカを捕食するので益獣といいたいところだが、彼らはときに人間を食べちゃったりするので、益獣と断言するのはためらわれる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ