エアギター

えあぎたー

 エアギターとは、いわばギターの口パク。口パクの場合は、本当に歌っているのかどうかちょっと目にはわからないので、それを利用して視聴者をダマし、ヘタ歌手を救済するのが目的であるが、エアギターは弾いていないことが一目でわかる(だって、ギターを持っていないんだもん)ので、ギターを弾く姿のかっこよさを純粋に楽しんでもらう(大半の人がそれほどは楽しめないにせよ)というパフォーミングアーツとして確立されているのである。1960〜70年代にかけて、ロックバンドにおいてギタリストは神様のように崇められる存在であったが、エアギタリストはそんなありがたい姿を、偶像としてではあるが後世に残す役割も担っているといえよう。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ