この辞典の使い方「う」で始まる言葉>鶯、ウグイスの意味

カテゴリー:動物、植物

鶯、ウグイス

うぐいす

 鶯(ウグイス)とは、春先に「ホーホケキョ」という美しい声で鳴くことから春告げ鳥ともいわれ、日本人に愛されている鳥。梅の花の咲く頃に特徴的な鳴き声でさえずるので、多くの日本人が、梅の花の蜜を吸いにやってくる「メジロ」という鳥と混同しているが、ウグイス本人はとても臆病なので庭先をうろちょろして人目につくことはほとんどない。ウグイスの体の色とされる「うぐいす色」も、実際のウグイスは茶色に近いくすんだ緑だが、比較的鮮やかな黄いろみがかった緑色のメジロの色と混同されている。要するに、あでやかなメジロに対して地味なウグイスは、海外の有名女優の吹き替えをやっている声優といったところである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を