牛、ウシ

うし

 牛とは、その肉がもう少し人間の味覚にそぐわなかったら、もっと他の生き方もあったろうにと同情を禁じ得ない動物。

 江戸時代まで日本では一般的に、動物を食肉のために飼育するという習慣はなく、牛は耕作用の労働力として飼われていた。明治時代、西洋文化の導入とともに牛肉食も推奨されたが、日本人がその肉を常食するようになったのは太平洋戦争後である。牛肉食が広まると、日本人は過去の牛との友情もすっかり忘れ、「よりうまい牛」を各地で争って育てるようになり、「kobe beef」はいまや世界的なブランドとなっている。牛にとって安息の地のひとつはこうして失われ、いま彼等は聖地インドに憧れる日々を送っているのである。(CAS)

牛 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新着ワーズ

こちらへどうぞ

最新新着はこの下を見て

きまぐれおすすめワーズ

こちらへどうぞ

最新新着はこの下

カテゴリーインデックス

最新イラスト(ずっと下にもあります)

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

イラストギャラリー

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ