この辞典の使い方「う」で始まる言葉>浮き名を流すの意味、語源

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:性風俗、男女関係

浮き名を流す

うきなをながす

 浮き名を流すとは、男女関係の噂が世の中に広まるという意味。「浮き名」はもとは「憂き名」つまり「いやな名前」「いやな噂」という意味で、ゴシップにより名前が知れ渡ってしまったためにつらい思いをしている状況を言い表していた。それが時代を経るとともに、「憂き世」が「浮き世」に変化したのと同様、「うきうきする」の「浮き名」に変わり、男女関係の噂が広まるのをまるで武勇伝のごとく誇っているおバカなヤツの軽薄な行動になりさがってしまった。とはいえ、その昔も、「つらい世の中である」などと嘆きながらも次々と恋愛相手を変えた人物がヒーローあつかいされていたのだから、「憂き名」が「浮き名」に変化する要素はすでにその時代にあったのだといえなくもない。(CAS)

浮き名を流す ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆あの○△□は何だった

おでん

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を