歌、唄

うた

 歌(唄)とは、そのまま朗読して聞かせるにはあまりに幼稚で気恥ずかしい詩に、メロディをつけて感情に訴えることでそのばかばかしさをごまかし、聞いている相手が詩の内容を検証する余裕がないまま、なんとなくいい気分になるようしむける行為をいう。

 日本では、伝統的な短詩の形式である短歌(和歌)のことを「歌」という場合がある。この詩も昔はへんてこな抑揚(メロディ)をつけて詠まれ、愛の告白などに使用されていたことが知られており、いまでも歌会始(うたかいはじめ:皇室主催の新年歌会)や百人一首の歌がるたなどでその不思議なメロディを味わうことができる。(CAS)

歌、唄 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を