この辞典の使い方「う」で始まる言葉>失うものは何もないの意味

カテゴリー:慣用句

失うものは何もない

うしなうものはなにもない

 失うものは何もないは、何かに挑戦しようとする人を励ます言葉である。ただし誰にでも通用するわけではなく、もし失敗したり敗退したりしたとしてもほとんど損をしない人、例えば、実力はたいしたことないのに運よく勝ち進んで決勝まで進出してしまったスポーツ選手などに用いるのが適当である。ラッキーなだけでここまできたくせに一人前に緊張している人を夢から目覚めさせ、リラックスさせるための言葉だといえる。しかし、運だけで勝ち進んできた彼でさえ、大一番に臨んで負けたときは、失うものが大きいはずで、そんな無責任な励ましの言葉をかけているヤツこそ失うものは何もなく、お気楽なのだといいたい。

 「失うものは何もない」は、日本語にはあまりなじまない理屈っぽい励ましの言葉であり、私見では、What do you have to loose?(きみに失うものなんてあるの?)などという英語の和訳から使われるようになったものではないかと思われる。(CAS)

失うものは何もない ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を