この辞典の使い方「う」で始まる言葉>丑三つ時の意味

カテゴリー:行事、暦、時制

丑三つ時

うしみつどき

 丑三つ時とは、江戸時代まで使われていた時刻の単位である「丑(うし)の刻(こく)(現代の1時〜3時ころ)」を3分割したときの3番目の時という意味。要するに真夜中の中の真夜中、超真夜中を表現する言葉である。この時間帯は、幽霊や妖怪たちの出勤時間にあたるため、ターミナルステーションである柳の下は通勤ラッシュのピークを迎える。(CAS)

丑三つ時 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を