この辞典の使い方「う」で始まる言葉>ヴィーナスの意味、由来

カテゴリー:宗教、民間信仰、俗信

カテゴリー:文学、出版

カテゴリー:外来語、和製外来語

カテゴリー:図解付き解説

ヴィーナス、ビーナス

う゛ぃーなす、びーなす

 ヴィーナス(またはビーナス)とは、ラテン語Venus(ウェヌス)の英語読みを日本語読みしたもの。ローマ神話の愛と美の女神である。ローマ神話ではもとは菜園を司る女神、つまり最近日本各地で活躍しているご当地アイドル的存在であった(違うか…)。さすがにその地味な役割に応じて存在も地味であり、彼女に関するゴシップ(神話における逸話)はほとんど聞かれなかったが、ギリシャ神話の愛と美の女神アフロディーテ(アプロディーテー)と同一視されたことでめきめき知名度が高まり、ミロス島で発見された女神像(アフロディーテの像だと考えられている)も「ミロのヴィーナス」と呼ばれるなど、名前だけは本家をしのいで全世界級のアイドルとなり現代に至っている。(KAGAMI & Co.)

ヴィーナス ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を