この辞典の使い方「う」で始まる言葉>うだつが上がらないの意味、語源、由来

カテゴリー:慣用句

うだつが上がらない

うだつがあがらない

 うだつが上がらないの「うだつ」は、「卯立」または「」と書く。前者は「うだち」ともいい、江戸時代、主に関西地方で商家の屋根の両端に「卯」のような形に立ち上げた小屋根つきの壁のことで、防火と身分の象徴(つまり偉そう感、金持ち感をかもしだす装置)を兼ねていたという。したがってこの意味での「うだつが上がらない」は、「大器晩成」などとおだてられながらいつまでも大成する気配のないやつを指していう。後者の「」は、日本の建築で屋根を支えるために梁の上に立てる短い柱のこと。この意味での「うだつが上がらない」は、自分の家も持つことができないだらしないやつを意味する。いずれにしても「うだつが上がらない」は、あなたやあなたの周りののんだくれ仲間を指して自嘲気味に言っていれば間違いない言葉である。(CAS)

うだつが上がらない ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ