色の白いは七難隠す

いろのしろいはしちなんかくす

 色の白いは七難隠すとは、色白の女性は七カ所のブサイクポイントがあってもそれらをすべて色の白さでカバーすることができるという意味で、美白の効用を謳ったことわざ。昔は、どんな田舎育ちの日焼けした娘でも、白粉で壁を塗るように顔から首までを覆ってしまえば、美しいと見なされた。しかし、美の価値観が多様化した現代では、必ずしも色の白さが美しさとはみなされず、色が白くてもせいぜい「二、三難」を隠す程度であり、「色の白いは七難隠す」は過去の価値観を表すことわざになっているようである。それでも日焼けした女の子が「健康的」とか「明るい」とか評されることはあっても、「美しい」とはなかなかいわれないのは、やはり心のどこかにこのことわざが生きているせいではないかとも思われる。(CAS)

色の白いは七難隠す ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ