石橋を叩いて渡る

いしばしをたたいてわたる

 石橋を叩いて渡るとは、石造の頑丈な橋を渡るのにそれでも心配で、壊れないかどうか叩きながら渡るという意味で、ある種の精神疾患すれすれの慎重派の生き方をいう。その境界線を乗り越えてしまった人は「石橋を叩いてそれでも渡らない」あるいは「石橋の意味がわからない」といわれることになる。(CAS)

石橋を叩いて渡る ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を