この辞典の使い方「い」で始まる言葉>犬は三日飼えば三年恩を忘れぬの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

犬は三日飼えば三年恩を忘れず

いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれず

 犬は三日飼えば三年恩を忘れぬとは、飼い主に対する犬の忠実さを言い表したことわざだが、犬でさえ受けた恩を忘れないのだからおまえもせめて犬レベルになれという、ばかな部下に対する苦言として用いられる。

 「犬は三日飼えば三年恩を忘れず」の後に「猫は三年の恩を三日で忘れる」と続けることもあり、その場合は犬と猫の生態の違いを表現したことわざとなり、ひいては、そんな性格なのに猫は犬と同じように愛されるという人間社会の不条理を鋭く突いた摂理となる。(CAS)

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ