居間

いま

 居間とは、(なにかが)居る部屋という意味だが、ネコやゴキブリや幽霊が居る部屋ではなく(そういうものが居たとしても)、家族がふだん居る(集う)部屋をいい、アメリカのliving room(日本では「リビング」と略す)に当たる。

 伝統的な日本の住宅では、居間は食事室を兼ね、ときには寝室にもなったりとフレキシブルに使用された。しかし、庶民の住宅にも西洋式が取りいれられるようになった1950年代から、食事をする部屋で就寝するのは不衛生だとして(土足で歩き回る食事室の方がよほど不衛生だと思うが)、機能別に部屋が割り当てられるようになり現代に至っている。

 このように居間は「家族が集う」という役割を持った部屋であり、しばらく前までテレビが家族の絆をつなぎとめていたが、現在はその神通力も薄れ、居間は家族が「居てもらうつもりで造った」だから「居てほしい」というややさみしい部屋になっている。(CAS)

居間 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ