この辞典の使い方「い」で始まる言葉>いやというほどの意味

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

嫌という程、いやというほど

いやというほど

 嫌という程(いやというほど)とは、「もういやだ」と言うほど、という意味で、何度も何度も同じ自慢話をする相手に対して「その話ならいやというほど聞かされた」などと用いる。また、頭を柱などに激しくぶつけたときも「いやというほど頭をぶつけた」というが、こちらは痛すぎて「いやだ」などと言っている余裕はないはずだが、なぜかこの慣用語が用いられている。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ