この辞典の使い方「い」で始まる言葉>因縁をつけるの意味

カテゴリー:慣用句

因縁をつける

いんねんをつける

 因縁をつけるの「因縁(いんねん)」とは、仏教用語で原因、由来という意味。仏教では、すべての事象に因縁があり、世界はすべて因縁の理法によって生滅変化をつづけるとする。しかし、われわれ一般人が「因縁をつける」と用いる場合は、怖いお兄さんが「オレが今からおまえをなぐったり、蹴ったりしようとしているのは、おまえがさっき数秒間おれをふざけた顔で見つめていたからだ」と説明する行為、すなわち「言いがかりをつける」「いやがらせをする」という意味となる。

 このように「因縁をつける」は、むちゃくちゃな理由で相手を脅す行為をいうが、仏教用語の「因縁」も、「この世で馬やになって人間にこきつかわれているのは、前世で悪行を犯した報いである」というようなむちゃくちゃな理由づけがおこなわれるのだから、考え方としてはわれわれ庶民も大きな間違いはしていないということができる。(CAS)

因縁をつける ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ