伊万里焼

いまりやき

 伊万里焼とは、九州佐賀の有田周辺で製造された日本製の磁器製品。伊万里港から出荷されたのでこの名称がある。朝鮮の優秀な陶工がヘッドハンティングされて、有田の地でその基礎を築いたといわれる。ただし、この場合「ハンティング」はまさに「狩り」で、豊臣秀吉の軍隊に捕虜として連れてこられたもの。その後伊万里焼は西欧でも珍重されるほどの名器に成長したが、現代だったら、この朝鮮の陶工は、発明への正当な報酬を求めて開発当時の藩を相手に訴訟を起こしたに違いない。

 ただ、このようなヘッドハンティングの背景には、当時の朝鮮半島の工芸の技術や作品に対する憧憬と敬意があったことは忘れてはならない。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ