この辞典の使い方「い」で始まる言葉>井の中の蛙大海を知らずの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

井の中の蛙大海を知らず

いのなかのかわずたいかいをしらず

 井の中の蛙(かわず)大海を知らずとは、井戸の中で生活しているカエルが大きな海を知らないように、広い世界を知らずに自分の狭い知識や了見で満足している人のありさまをいうことわざ。『荘子』「秋水篇」の「井戸の中のカエル(井蛙:せいあ)と大きな海について語り合うことはできない」というたとえ話がもとになっている。井戸の中で慎ましく生活しているカエルくんは、海を知る必要もないのだが、このカエルがなにかと自分の狭い知識をひけらかすイヤなヤツだと、こんな皮肉な言葉のひとつも投げかけられるのである。もっとも、『荘子』は、より大きい世界を知らないという例えとして井戸と大海の対比を持ち出しただけであって、大きな海を知っている者が井戸の外からカエルをバカにしようものなら、「大海も実は井戸の水一滴ではないのか…」などとひねくれたことを言ってカエルの味方をしはじめるに違いない。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ