この辞典の使い方「い」で始まる言葉>いちおう、一応、一往の意味、語源

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

いちおう、一応、一往

いちおう

 いちおう(一応、一往)とは、十分満足できる状態ではないがまあまあ、あるいは、たぶん大丈夫だとは思うが念のためにざっとという意味で、「いちおうこれで完成です」「いちおうチェックしておきます」などと用いられる。つまり、「やることはやったけれどもアバウトです」とか「テキトーにやっつけておきました」というような気分を言い表した言葉である。

 「いちおう」は「一応」と書かれることもあるが、本来は「一往」が正しく、「一度行く」という意味。つまり、現場へ出向いて確認しなければならない仕事があるが、何度も行って念を押すほどやる気はないので、「一度は行ってみました」的なノリの言葉だと考えられる。(JPZB)

いちおう ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を