雨乞い

あまごい

 雨乞いとは、雨が自然に降るのを待ちきれずに行ういらだちの儀式。自然な降雨の直前に儀式を行った祈祷師が偉人として崇められる。しかし、失敗した祈祷師は殺されたり生き埋めにされたりするので(なにせ、みんないらだっているもので……)、「ダメでした、すみませ〜ん」程度ではすまない、命がけの行為であることは認めざるをえない。

 雨量の多い日本では、雨乞いの専門家は用なしとも思えるが、水量が豊富なために普段いい気になってふんだんに水を使っているため、ちょっとした渇水にも対応できないことがあり、得体の知れない神々にとりつかれた人々が虎視眈々と雨乞いの機会を狙っている。(CAS)

雨乞い ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を