あら探し、粗探し

あらさがし

 粗探し(あら探し)とは、人の弱点やミスをことさら探し出すこと。裁判で相手方を攻撃したり、政敵を倒すための基本的な事前調査の手法である。ここでうまく相手の「あら」を探し出すことができれば、その後は「揚げ足を取る」「言葉尻を捕らえる」「不意打ちを食らわす」「隙を突く」などさまざまな攻手段で相手を攻略することができる。

「粗(あら)」は、「細(こまか)」の対語で、粗大、疎略なことを意味し、そこから、ていねいで細かい仕事の中であらっぽく仕上げた手抜き部分、つまり弱点や過失をいうようになったものである。しかし相手の「あら」を探し出すには、雑な調査方法ではダメで、「重箱の隅をつつく」ような緻密で執念深い調査が必要とされる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を