この辞典の使い方「あ」で始まる言葉>アンカーの意味、語源

カテゴリー:スポーツ

カテゴリー:音楽、演劇、芸能、映画

カテゴリー:外来語、和製外来語

アンカー

あんかー

 アンカーとは、陸上や水泳などのリレー種目の競技中、「勝っていても負けていてもどっちでもいいから、大差がついた状態でつないでくれ」と願っているほんの数人の人々。つまり、最終競技者のことである。

 英語のアンカー(anchor)の一般的な意味は、船などの錨(いかり)。angle(角度)やankle(足首)と同様、角度がついているもの、曲がっているものという意味の語根ank-、ang-を持つ言葉であり、一般的な錨の形がフック状に曲がっているところからきている。

 20世紀初頭、綱引きの団体戦の競技で、最後尾にあって錨のような役割を果たしている競技者をanchormanと呼ぶようになり、さらにそこから、リレー競技において勝負を決定づける最終走者に用いられるようになったのだという。

 また最近では、報道番組の司会者をアンカーと呼ぶようになっている。これは、ある報道番組でカメラを正面に見ず、角度をつけて座ってしゃべる、カメラアングルを気にする女性司会者がいたから……というわけではなく、1960年代ころからアメリカの報道番組のホストがそう呼ばれるようになったからで、日本でもいつまでも「司会者」じゃ様にならないだろうというわけで、アンカーという名前を借用したものである。(CAS)

アンカー ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を