この辞典の使い方「あ」で始まる言葉>あくせく、齷齪の意味、語源

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

あくせく、齷齪

あくせく

 あくせく(齷齪)とは、齷齪(あくさく)の「さ」が「せ」に音変化した言葉で、「齷」も「齪」は「歯が小さい」という意味らしいが、どちらも「齷齪」という熟語にしか使わず、歯が小さいこととなんの関係があるのか知らないが、度量が小さい、こせこせしているという意味で用いられるようになり、現在では主に、細かいことにこだわって落ちつかず、せかせかしているさまをいう。つまり、沖縄でのんきに楽隠居を決め込んでいるようなヤツに「何をそんなにあくせく働いてるの」などと皮肉られて、頭に来るような用いられ方をしている言葉である。

 なお、現代中国語では、やはり「齷」も「齪」も「齷齪」にしか使わず、こちらは「汚れている、汚い」という意味で用いられているようである。「齷」や「齪」が「歯が小さい」という意味であることがほんとうなら(漢和辞典に載っているので疑うつもりはないのだが……)、歯の小さいヤツは汚くて、度量が小さくて、性格が悪いと見なされていたようで、ウサギのように大きな出っ歯が目立つヤツこそが清潔で、肝っ玉が大きく、鷹揚な性格だったのであろう。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ