能ある鷹は爪を隠す

のうあるたかはつめをかくす

 能ある鷹は爪を隠すとは、本当に能力のある者はその能力をいたずらに誇示せずとも自然と世の中で認められるものだという意味。その心は、ばかな連中の前で能力を示しても、嫉妬を買ってつぶされるだけだからよせということ。

 「能ある鷹は爪を隠す」は、平等主義が顕著な日本において、基本とされる心得である。しかし、多くの人がこの教えを守って爪を隠す結果、隠したまま埋もれてしまうケースが圧倒的に多いのは残念なことである。このような状況をかんがみ、「能ある鷹は爪を隠す」に「能のない鷹は爪を隠しすぎる」と続けることを提案したい。(CAS)

能ある鷹は爪を隠す ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を