この辞典の使い方「な」で始まる言葉>生唾を飲み込むの意味

カテゴリー:慣用句

生唾を飲み込む

なまつばをのみこむ

 生唾を飲み込むとは、口の中に大量に涌いてきた唾を飲み込むという意味で、食べたい物や欲しい物を目の前にしながらそれに飛びつくことができず自制している心境を物語っている。

 似たような言葉に、よだれを垂らすという意味の「垂涎(すいぜん)」があるが、欲望のままによだれを流しっぱなしにしている「垂涎」は、いずれその欲望の対象にありつけるか、すきがあったら飛びつこうとしている状況であるのに対して、「生唾を飲み込む」は、垂れそうになるよだれを飲み込んでいるところから、欲望の対象にありつく見込が薄いので我慢していたり、自分の欲望を人に見せないように隠しているという人間臭い姿を言い表している。「お座り」をさせられている犬は、食欲を少しのあいだ我慢しているだけなのでよだれを流しっぱなしにしている。これはまさに「垂涎」であり、「生唾を飲み込ん」でいる犬なんていない(ときとして、そのようなけなげな仕草をみせることもあるが)。

生唾を飲み込む ついでにこんな言葉もチェックすべし


この辞典の楽しみ方▼

きまぐれおすすめワーズ

新着・改訂ワード(着順)※(改)は改訂ワード

特選テーマ

図入り解説

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

ホームページ作成